AKB48・NGT48の柏木由紀が語る自宅で夜、カーテンを開けて必ずやることとは? (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

AKB48・NGT48の柏木由紀が語る自宅で夜、カーテンを開けて必ずやることとは?

連載「LOVE YOU LIVE!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
神舘和典dot.#神舘和典
2016年に新潟を拠点に結成されたNGT48。2018年4月で初代キャプテンの北原里英が卒業。チームNIIIキャプテンに加藤美南、新設のチームGキャプテンに本間日陽が就任。グループテーマは「地域密着・地域貢献」。主に新潟のNGT48劇場で公演を行っている。https://ngt48.jp/

2016年に新潟を拠点に結成されたNGT48。2018年4月で初代キャプテンの北原里英が卒業。チームNIIIキャプテンに加藤美南、新設のチームGキャプテンに本間日陽が就任。グループテーマは「地域密着・地域貢献」。主に新潟のNGT48劇場で公演を行っている。https://ngt48.jp/

 AKB48との兼任でNGT48ではメンバーの精神的支柱である柏木由紀が話す。

【可愛すぎる!NGT48メンバーやCDジャケットの写真はこちら】

「NGT48は3年目。メンバーのみんなが純粋でまっすぐな気持ちを持ち続けています。その象徴が、ひたむきで、世界中に愛を届けたいと本気で思っているおぎゆか(荻野由佳)だからです」

 初代キャプテンの北原里英が卒業し、2018年春から新体制で第2章を幕開けした、新潟を拠点とするNGT48。グループ内のチームNIIIキャプテンに加藤美(み)南(なみ)、新設のチームGキャプテンに本間日(ひ)陽(なた)が就任。10月にリリースした新曲「世界の人へ」は愛と平和をまっすぐにうったえる曲。選抜メンバーでレコーディングしたこの曲のセンターポジションはチームNIIIの副キャプテン、荻野由佳が務めた。

「『世界の人へ』はNGT48だからこその曲。そしておぎゆか(荻野)がセンターだからこそ説得力がある曲だと、私は感じています」(柏木)

 荻野は19歳。しかし、すでに多くのハードルを越えてきた。2011年から、AKB48第13期生、第14期生、第15期生、Team8全国一斉オーディションで不合格。バイトAKBを経て、第2回AKBグループドラフト会議2巡目で、柏木と北原によってNGT48に選抜された。そして2017年のAKB48 47thシングル選抜総選挙では、前年の圏外から一躍NGT48メンバーでは最高位の5位に。ひたすら努力を重ね、いまやAKB48グループの顔の1人といえるポジションを得たのだ。

「おぎゆかはふだんもNGT48の楽しさ、嬉しさをいつも私に伝えてくれています。素直さ、純粋さを持ち続けているからこそ、歌詞で歌われている幸せが多くの人に伝わるんです」

 傍らの荻野のほうを向き、柏木が温かく微笑む。

 荻野本人は新曲のセンターに指名されてすぐに、メンバーの西潟茉莉奈に曲の解釈について相談した。

「茉莉奈ちゃんとは、今の私たちが感じているハッピーをそのまま伝えよう、と話しました。それが表現できていたらいいなあ、って」


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい