安倍首相の改憲発言連発に与党内から苦言「自重された方がいい」 船田元・改憲本部長代行

安倍内閣

2018/09/14 07:00

 20日の投開票に向けて、自民党総裁選で安倍晋三首相が憲法改正への意欲を繰り返し明らかにしている。10日の演説では、「憲法にしっかりと日本の平和と独立を守ることと自衛隊を書き込んで私たちの使命を果たしていこう」と訴え、当選すれば次の任期中に改憲を実現するための準備を始めるつもりだ。

あわせて読みたい

  • 公明・遠山議員が改憲案を自民と調整しない理由を独白「国民投票否決は政治的な影響が出る」

    公明・遠山議員が改憲案を自民と調整しない理由を独白「国民投票否決は政治的な影響が出る」

    dot.

    9/30

    安倍政権の憲法改正を阻んだ2人の政治家 改憲の動きは「『やってる感』の演出」との声も

    安倍政権の憲法改正を阻んだ2人の政治家 改憲の動きは「『やってる感』の演出」との声も

    AERA

    9/9

  • 国民民主・玉木代表「安倍案はステルス改憲。憲法は公明党と議論する」

    国民民主・玉木代表「安倍案はステルス改憲。憲法は公明党と議論する」

    dot.

    9/29

    安倍首相「2020年改憲」表明は、逆効果でしかない

    安倍首相「2020年改憲」表明は、逆効果でしかない

    AERA

    5/16

  • 18年には国民投票と衆院選 77議席確保で始まった安倍首相の“壊憲”

    18年には国民投票と衆院選 77議席確保で始まった安倍首相の“壊憲”

    週刊朝日

    7/13

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す