「南海トラフの前兆か、大地震が現実的に」と専門家 大阪地震女児ら3人死亡 (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「南海トラフの前兆か、大地震が現実的に」と専門家 大阪地震女児ら3人死亡

このエントリーをはてなブックマークに追加
桐島瞬dot.
校庭に避難し、帰宅する児童たち (c)朝日新聞社

校庭に避難し、帰宅する児童たち (c)朝日新聞社

 気になるのは、今後30年以内に最大でマグニチュード9クラスが見込まれる南海トラフ地震との関連だ。

「南海トラフ地震のサイクルは100年に一度。すでに前回から72年が経ち、プレート間のひずみがかなり溜まっています。南海地震が起きる前には、近畿地方で地震が多くなることが知られていて、今回もその一つと捉えることができます」(都司氏)

「詳しいメカニズムはわかっていませんが、前回の南海トラフ地震(1946年)が起きる前にも北但馬地震(1925年)、北丹後地震(1927年)、鳥取地震(1943年)といった内陸直下型地震が続けて起きています。同様に5年前には兵庫県淡路島でM6.3、3年前には徳島でM5.1の地震が発生していることを考えても、今回の大阪での揺れは南海地震の前触れだと考えられます。今後も西日本での大きな直下型地震に気を付ける必要があります」(ジャーナリスト・桐島瞬)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい