古賀茂明「安倍総理の苦境で受動喫煙対策を再び武器にする小池都知事」

政官財の罪と罰

古賀茂明

2018/05/07 07:00

 連休明けからようやく国会が正常化され、重要法案の審議に野党が復帰する見通しとなった。森友、加計、自衛隊日報、財務次官セクハラなど政府の不祥事が相次ぎ、その真相解明がほとんど進まない中では法案審議などできないという野党の主張ももっともであるが、一方で、6月20日までしかない会期の中で、国民の前でしっかりした議論を急いで欲しい課題はいくつもある。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す