羽生結弦、高木美帆、大谷翔平の「ゆとり世代」が黄金世代になった理由 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

羽生結弦、高木美帆、大谷翔平の「ゆとり世代」が黄金世代になった理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
西岡千史dot.#平昌五輪

エキシビション練習で笑顔をみせる羽生結弦 (c)朝日新聞社

エキシビション練習で笑顔をみせる羽生結弦 (c)朝日新聞社

1994年生まれのアスリートたち(編集部作成)

1994年生まれのアスリートたち(編集部作成)

 1994年生まれに日本中が熱狂している。

【表】金メダリストがズラリ 1994年生まれの“ゆとりアスリート”一覧

 平昌五輪のフィギュアスケート男子で、66年ぶりの五輪連覇を成し遂げた羽生結弦、冬季五輪で日本初となる金・銀・銅の「メダルコンプリート」の高木美帆。野球界に目を向ければ、投打二刀流で世界を驚かせ、今季からメジャーリーグに挑戦する大谷翔平──。いずれも今を代表するアスリートで、1994年生まれの23歳。すでに日本のスポーツ史に残る黄金世代を形成し、「羽生・大谷世代」とも呼ばれている。

 その顔ぶれには、驚かされるばかりだ。

 2016年のリオ五輪では、水泳の萩野公介が男子400メートル個人メドレーで金メダルのほか、同大会で銀と銅も獲得した。高木と同じく「メダルコンプリート」の達成者だ。また、400メートル個人メドレーでは、瀬戸大也も3位で一緒に表彰台に立った。瀬戸も1994年生まれだ。

 リオの金メダリストでは、レスリング女子の川井梨紗子に土性沙羅、柔道男子のベイカー芙秋も1994年生まれ。リオ五輪で日本選手が獲得した12種目の金メダルのうち、4種目を1994年生まれが占めた。 

 なぜ、これほどの逸材がそろったのか。スポーツ文化評論家の玉木正之氏は、こう分析する。

「2011年にスポーツ基本法が施行されて予算が増え、選手の海外遠征や外国人コーチの招聘にお金が使えるようになった。羽生結弦も高木美帆も、いずれも外国人コーチです。また、国の選手強化プログラムでも英語の授業が入るなど、“国際人”としてのスポーツ選手が増えている。メダリストの育て方が変わったのです」

 一方で1994年生まれといえば、世間一般では「ゆとり世代」と呼ばれ、上の世代から批判されることも多い。「ゆとり世代」とは、授業時間と教科内容が削減された学習指導要領、いわゆる「ゆとり教育」のカリキュラムで小中の学校生活を過ごした世代を指す。広い意味で、1987年4月2日から2004年4月1日生まれが該当する。



トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

   平昌五輪 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加