親も子どもも勘違いしがち 「親の言うとおりにしなさい」と「自分で考えなさい」を考える 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

親も子どもも勘違いしがち 「親の言うとおりにしなさい」と「自分で考えなさい」を考える

石原壮一郎(いしはら・そういちろう)/1963年、三重県松阪市生まれ。コラムニスト。月刊誌の編集者を経て、93年に『大人養成講座』でデビュー。『大人力検定』『日本人の人生相談』など著書多数。最新刊は『大人の言葉の選び方』(撮影/大嶋千尋)

石原壮一郎(いしはら・そういちろう)/1963年、三重県松阪市生まれ。コラムニスト。月刊誌の編集者を経て、93年に『大人養成講座』でデビュー。『大人力検定』『日本人の人生相談』など著書多数。最新刊は『大人の言葉の選び方』(撮影/大嶋千尋)

 小中学生向けの月刊ニュースマガジン『ジュニアエラ』で連載中の「大人の謎 ぶっちゃけ質問箱」。今回は「親の言うとおり」について。回答者はコラムニストの石原壮一郎さんです。

【Q】「親の言うとおりにしなさい」と言うから、「どうすればいいの?」と聞いたら、「自分で考えなさい」だって。どっちなの?(HAYATOさん 埼玉県/13歳)

■親の言うとおりに自分で考えるってことでOK

 親も子どもも勘違いしがちですが、何でも「親の言うとおり」にするような人間になってはいけません。ただし「自分で考えなさい」という指示だけは、言うとおりにしても大丈夫。親の言うとおりに自分で考えるんだと解釈すると、とくに矛盾はないといえるでしょう。

 いや、もちろん屁理屈です。「親の言うとおりにしなさい」も「自分で考えなさい」も、親は面倒臭いからそう言っただけ。深い意図やポリシーがあると思ったら大間違いだし、それは親に期待しすぎです。

 屁理屈で自分を納得させつつ、これからの長い人生、結局は自分で考えるしかないと腹をくくりましょう。親の適当な言葉に振り回されている場合ではありません。

 たぶんHAYATOさんは、親の言うとおり行動したいわけではないですよね。だったら、親がコロコロ違うことを言ってくれて好都合です。自分で考えて、自分に役に立つこと以外は聞き流しましょう。

※月刊ジュニアエラ 2018年2月号より


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい