エスコバー、ウィーランド…異色の助っ人の珍記録が続々誕生【プロ野球B級ニュース事件簿】 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

エスコバー、ウィーランド…異色の助っ人の珍記録が続々誕生【プロ野球B級ニュース事件簿】

このエントリーをはてなブックマークに追加
久保田龍雄dot.
DeNA・エスコバー (c)朝日新聞社

DeNA・エスコバー (c)朝日新聞社

 2017年もさまざまな出来事があったプロ野球。華々しいニュースの陰でクスッと笑えるニュースもたくさんあった。「プロ野球B級ニュース事件簿」シリーズ(日刊スポーツ出版)の著者であるライターの久保田龍雄氏に2017年シーズンの“B級ニュース”を振り返ってもらった。今回は「異色助っ人編」である。

*  *  *

 4月30日のロッテvs西武(メットライフドーム)は、試合時間2時間10分という近年では異例の速さ。スピードアップに大きく貢献したのは、西武の先発・ウルフだった。

 立ち上がりから打たせて取るエコ投球に徹し、ツーシームで内野ゴロの山を築く。7回をわずか69球、被安打2、無四球の無失点。21個のアウトのうち、内野ゴロが併殺1も含めて14個もあった。

 このままいけば、100球未満で完封も夢ではなかったが、「ウーン、ウルフ様だからね。右肩をグルグル回すジェスチャーもあったので、ピッチングコーチの判断で代えました」と辻発彦監督。

 本人も「9回まで?ノー!トゥー・オールド」と冗談めかして続投を固辞した。ソフトバンク時代の2014年に右肘の手術を受け、1年以上投げられなかったことに加え、36歳という年齢からも無理はさせられないのだ。

 試合はリリーフ陣が1失点で踏ん張り、2対1で逃げ切り。ウルフは4勝目を挙げた。シーズン途中加入した前年8月28日の古巣・日本ハム戦以来、無傷の8連勝である。連勝記録は5月7日の楽天戦(メットライフドーム)でストップしたものの、9勝4敗の好成績でチームの4年ぶりAクラス(2位)入りに貢献した。

 助っ人史上初の同一シーズン2球団勝利を挙げたのが、7月に日本ハムからDeNAに移籍した左腕・エスコバーだ。4月2日の西武戦(札幌ドーム)で初先発初登板デビュー。5月14日のロッテ戦(東京ドーム)で先発・メンドーサの危険球退場直後に緊急リリーフして初勝利を挙げた。

 だが、チームにはメンドーサ、マーティンの両右腕と主力打者のレアードに加え、腰の手術で長期離脱した近藤健介の穴埋めとして6月にキューバ出身の外野手・ドレイクも入団したことから、登録枠をはみ出してしまった。



トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい