ドラクエグッズがふるさと納税返礼品に! 50万円寄付の“勇者”も (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ドラクエグッズがふるさと納税返礼品に! 50万円寄付の“勇者”も

このエントリーをはてなブックマークに追加
南文枝dot.
兵庫県洲本市のふるさと納税の返礼品に加わったドラクエグッズ(C)SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

兵庫県洲本市のふるさと納税の返礼品に加わったドラクエグッズ(C)SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

ドラクエグッズの中でも人気が高いスライム、キングスライム、はぐれメタルのマグカップセット(C)SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

ドラクエグッズの中でも人気が高いスライム、キングスライム、はぐれメタルのマグカップセット(C)SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

意外と人気があるというはぐれメタルとさまようよろいのフィギュアセット(C)SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

意外と人気があるというはぐれメタルとさまようよろいのフィギュアセット(C)SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

洲本市の担当が推すのはミミックのクッションだ(C)SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

洲本市の担当が推すのはミミックのクッションだ(C)SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

 自分が支援したい自治体に寄付し、その土地の名産品などを返礼品として受け取ることができる「ふるさと納税制度」。2008年の制度開始から8年目となり、各自治体の返礼品も、肉や海産物からパソコン、自転車までバラエティーに富んでいる。そんな中、淡路島にある兵庫県洲本市の返礼品が、ゲーマーたちの間で話題となっているという。

 それは、1986年の第1作発売以降、新作が発表されるたびに話題となる人気ロールプレイングゲーム、「ドラゴンクエスト」シリーズのグッズだ。16年2月、同市の返礼品に、ドラクエシリーズに携わるゲームソフト会社、スクウェア・エニックスのグッズが加わった。

 同市にふるさと納税をすると、金額に応じて、スライムをはじめとした人気キャラクターのぬいぐるみやフィギュア、マグカップ、スマートフォンケースなどが贈られる。これまでに返礼品となったグッズは100種類を超え、11月下旬からスタートした第4弾では、市はグッズ87種類、寄付額1万円から50万円までの43コースを用意した。

 納税者やゲーマーたちからの反応は上々だ。市によると、11月末までに約1300件、約2500万円の寄付の申し込みがあったという。第4弾では、1セットだけ用意したグッズ全種類が贈られる50万円のコースが、申し込み開始後1分もたたないうちに売り切れた。毎回人気のコースは早々に品切れとなるため、ツイッターでは「品切れだらけ!」「(品切れ)はや!」と驚きの声が上がる。

 市の担当者は「洲本には興味がないが、ドラクエグッズはどんどんやってください、という声もある」と苦笑する。安定した人気を誇るのはスライム、キングスライム、はぐれメタルのマグカップセット(1万円)だが、はぐれメタルとさまようよろいのメタリックフィギュアセット(1万円)も申し込みが多いそうだ。担当者の推しグッズは、ミミックのクッションと30周年記念バージョンのスライムのぬいぐるみ、ブランケットのセット(5万円)だという。

 なぜ洲本市の返礼品がドラクエグッズなのだろうか。

 実は、同市はドラクエシリーズの生みの親でゲームデザイナー、堀井雄二さんの出身地なのだ。現在も実家があり、市によると、ふるさと納税制度が始まった08年から毎年、堀井さんから多額の寄付が寄せられてきた。市は福祉車両の購入などで活用しているという。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい