なぜテレビは本当のことを報道しなくなったのだろうか?

朝日新聞出版の本

2014/12/29 16:00

 2014年夏、集団的自衛権の行使を認めるという憲法の解釈変更が閣議決定された。戦後という一時代に区切りをつける大きな出来事であったにもかかわらず、この前後でテレビ各局が時間を割いて報道していたのは、東京都議会の「セクハラ野次」問題と、公費の不明瞭使用が発覚して記者会見で泣き出した兵庫県議会の「号泣議員」のニュースだった。

あわせて読みたい

  • この「街の声」を削れ! 放送現場を萎縮させる安倍政権の「行きすぎた口出し」

    この「街の声」を削れ! 放送現場を萎縮させる安倍政権の「行きすぎた口出し」

    AERA

    7/6

    無理解・偏見・差別だらけ! 襲撃事件を誘発したときの責任は?

    無理解・偏見・差別だらけ! 襲撃事件を誘発したときの責任は?

    GALAC

    4/18

  • 古賀茂明「テレビが絶対に報じない福井照・沖縄北方担当相の深刻なスキャンダル」
    筆者の顔写真

    古賀茂明

    古賀茂明「テレビが絶対に報じない福井照・沖縄北方担当相の深刻なスキャンダル」

    dot.

    3/5

    室井佑月「マスコミが権力ベッタリで負のスパイラルに」
    筆者の顔写真

    室井佑月

    室井佑月「マスコミが権力ベッタリで負のスパイラルに」

    週刊朝日

    5/15

  • 室井佑月、自民の報道拒否に「相手は神じゃない」
    筆者の顔写真

    室井佑月

    室井佑月、自民の報道拒否に「相手は神じゃない」

    週刊朝日

    7/17

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す