日本映画界にまた衝撃 菅原文太さん死す!! 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

日本映画界にまた衝撃 菅原文太さん死す!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.
亡くなった菅原文太さん。週刊朝日で小沢一郎氏と対談したことも…(c)朝日新聞社 

亡くなった菅原文太さん。週刊朝日で小沢一郎氏と対談したことも…(c)朝日新聞社 

 映画「トラック野郎」、「仁義なき戦い」などで人気を博した俳優の菅原文太さんが12月1日、肝臓がんのため、11月28日に亡くなっていたことがわかった。享年81歳。

 菅原さんは、1933年に仙台市で生まれた。高校卒業後に上京、早稲田大学第二法学部に入学するが、中退。その後、劇団四季に1期生として入団した。57年には、日本初の男性専門モデルクラブ「ソサエティ・オブ・スタイル」を岡田眞澄さんらと設立した。

 58年には新東宝に入社。映画「白線秘密地帯」で映画デビューを果たす。新東宝倒産後には、松竹を経て東映に移籍。69年には『現代やくざ 与太者の掟』に出演した。その後、『現代やくざ』シリーズをはじめ、『関東テキヤ一家』、『まむしの兄弟』シリーズで、任侠映画の全盛期の一角を担った。

 73年に深作欣二監督の「仁義なき戦い」に主演して、敗戦直後の広島で血を血で洗う抗争を繰り広げるヤクザを好演した。さらに、75年には代表作である『トラック野郎』シリーズに主演し、ひょうきんだが、男気があるトラック運転手を演じた。このふたつの映画シリーズで、菅原さんは人気俳優の地位を不動のものにしたといえる。

 一方、テレビでは、80年にNHK大河ドラマ「獅子の時代」に出演し、戊辰戦争で敗れた会津藩の下級武士を熱演した。そのほか、大河ドラマでは、「武田信玄」(88年)や「利家とまつ~加賀百万石物語~」(2002年)で主人公を支える武将をそれぞれ演じた。

 近年では、農業に携わる一方で、原発問題に強い関心を示すなど、社会問題にも言及することが増えていた。2010年には週刊朝日で小沢一郎氏(当時は民主党)に独占インタビューを行うなど、政治について発言する機会も多かった。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい