(5ページ目)コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トップ コラムニスト 津田大介 ウェブの見方 紙の味方

津田大介

このエントリーをはてなブックマークに追加
津田大介

津田大介

津田大介(つだ・だいすけ)/1973年生まれ。ジャーナリスト/メディア・アクティビスト。ウェブ上の政治メディア「ポリタス」編集長。ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られる。主な著書に『情報戦争を生き抜く』(朝日新書)

  • 津田大介「調査報道が暴くフェイスブックの悪行」

    ウェブの見方 紙の味方 週刊朝日

     ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られるジャーナリストでメディア・アクティビストの津田大介氏。問題続きのフェイスブックに持ち上がった新たな疑惑について解説する。*  *  * 2016年11月の米大統領選挙以降、ロシアによる選挙介入やヘイトスピーチ、情報流出などをめぐって大きな批判...

  • 津田大介「報道抑圧に悪用された欧州のネット規制」

    ウェブの見方 紙の味方 週刊朝日

     ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られるジャーナリストでメディア・アクティビストの津田大介氏。欧州のネット規制で負の側面が露呈した事例を解説する。*  *  * 欧州連合(EU)は今年5月、個人情報の保護を劇的に強化する一般データ保護規則(GDPR)を施行した。しかし、市民を保護す...

  • 津田大介「いたちごっこが続く選挙の世論工作対策」

    ウェブの見方 紙の味方 週刊朝日

     ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られるジャーナリストでメディア・アクティビストの津田大介氏。米・中間選挙におけるソーシャルメディア各社の対策を解説する。*  *  * 11月6日に投開票が行われた米中間選挙。大統領選挙の2年後に実施される中間選挙は大統領への信任投票という意味合い...

  • 津田大介「“極右のたまり場”SNSが利用停止に

    ウェブの見方 紙の味方 週刊朝日

     ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られるジャーナリストでメディア・アクティビストの津田大介氏。米国のあるソーシャルメディアが利用停止になった背景を解説する。*  *  * 10月27日、米ペンシルベニア州ピッツバーグのユダヤ教礼拝所で銃撃事件が発生し、11人が死亡、6人が負傷した。...

  • 津田大介「デマに利用されるメッセージアプリ」

    ウェブの見方 紙の味方 週刊朝日

     ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られるジャーナリストでメディア・アクティビストの津田大介氏。ブラジル大統領選挙で無数のフェイクニュースやデマがあふれた原因を解説する。*  *  * ブラジル大統領選挙は10月7日の第1回投票を経て、2人の候補者の間で28日に決選投票が行われる(本...