(3ページ目)コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

田原総一朗

このエントリーをはてなブックマークに追加
田原総一朗

田原総一朗

田原総一朗(たはら・そういちろう)/1934年、滋賀県生まれ。60年、早稲田大学卒業後、岩波映画製作所に入社。64年、東京12チャンネル(現テレビ東京)に開局とともに入社。77年にフリーに。テレビ朝日系『朝まで生テレビ!』『サンデープロジェクト』でテレビジャーナリズムの新しい地平を拓く。98年、戦後の放送ジャーナリスト1人を選ぶ城戸又一賞を受賞。早稲田大学特命教授を歴任する(2017年3月まで)。 現在、「大隈塾」塾頭を務める。『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日系)、『激論!クロスファイア』(BS朝日)の司会をはじめ、テレビ・ラジオの出演多数

  • 田原総一朗「日本の大企業は10年ももたない。危惧するこれだけの理由」

    ギロン堂 週刊朝日

     ジャーナリスト田原総一朗氏は、新型コロナウイルス感染拡大が問題になるかなり前から、政財界の幹部とそれなりの時間、話をした。誰もが日本の将来について危機感を抱いていたというが……。*  *  * 新型コロナウイルスの感染拡大が問題になる以前、去年の夏過ぎから、自民党や財界...

  • 田原総一朗「コロナで延命の安倍内閣が見せた無神経な“黒川事件”」

    ギロン堂 週刊朝日

     政府・与党が今国会成立を断念した検察庁法改正案。普段は政治的な発言を控えるような芸能人までもこの法案についてはツイッターなどで反対を表明していた。ジャーナリストの田原総一朗氏も「無神経さが理解できない」と安倍内閣を批判する。*  *  * 検察官の定年を引き上げる検察庁法改正案をめぐり、5月13日...

  • 田原総一朗「“罰則規定なし”は国民の信なき安倍政権では難しい」

    ギロン堂 週刊朝日

     緊急事態宣言について、欧米各国のように罰則を設けるべきか。ジャーナリストの田原総一朗氏は罰則規定には反対だが、前提条件をつける。*  *  * 政治学者の中島岳志氏が東京新聞(4月28日)の論壇時評で、「コロナ危機に直面する中、日本では『緊急事態宣言』待望論が巻き起こった。感染者数が拡大する中、腰...

  • 田原総一朗「氾濫する“安倍叩き”は正論もコロナ禍の今は無神経か」

    ギロン堂 週刊朝日

     ジャーナリストの田原総一朗氏はこの時期のメディアの「安倍首相叩き」に疑問を感じるという。*  *  * 4月10日に安倍首相に会い、緊急事態宣言が遅れた点について問うた、と先週書いた。実はもう一つ、重要なことを聞きただしていた。 安倍首相は新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるために、接触機会を8割...

  • 田原総一朗「遅すぎた緊急事態宣言。安倍首相が語った意外な理由」

    ギロン堂 週刊朝日

     ジャーナリストの田原総一朗氏は、安倍晋三首相と直接話をしたという。*  *  * 4月10日午後3時、首相官邸で安倍晋三首相と会って、約30分間、問いたいこと、求めたいことをほとんど言った。 まず、緊急事態宣言がなぜこれほど遅れたのか、と問うた。メディアでは財務省の強い反対があったためだと報じられ...

おすすめの記事おすすめの記事