第1124回 慰め上手なぴーちゃん 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

第1124回 慰め上手なぴーちゃん

バックナンバー

 3年前の夏のこと。
「ミャ~ン、ミャ~ン」
 裏庭のあたりで子猫のか細げな声がする。
 おなかがすいたよう、何かちょうだいよう──わたしには何を訴えているのかがわかる。
「シッシッ」と猫を追い払う近所のおじいさんの声が聞こえた。ちょうど帰ってきたばかりの娘がすっ飛んでいく。
 娘は「黒猫だと瞬間思ったけど……。見て、見て、早く」と、息を弾ませながら帰ってきた。
 娘は真っ黒な猫、わたしは抱っこができる子猫が欲しい、そう思っていた。2人の願望に近い子猫が、今わたしたちの手に。
 すぐに獣医さんに連れていくと、生後1カ月半の雌猫とのこと。
「ぴーぴー」鳴くから名前はぴーちゃん。それからは猫可愛がりの日々で、いま2歳半(写真)。
 朝、テーブルの上に新聞を広げると、必ずぴーちゃんがやってくる。わたしにも読ませてなのかしら……。猫に小判だよ。
 新聞はしばらくお預けにする。少し一緒に遊ぼう。そんなときは、噛まれないよう軍手をはめることにしている。
 この間、大事な身内を亡くし、思い出しては涙に暮れていた。声が自然に出てしまい、その泣き声で目を覚ましたぴーちゃんは「どしたの? 何かあった?」とばかりにテーブルの上に飛び乗って、わたしの手をペロペロとなめてくれた。そして床に下りた。
 何が始まるのだろうと呆気にとられていると、仰向けに寝て4本の脚と体を動かすパフォーマンスを演じたのだ。いつもこれをするとわたしが笑うことを知っての、“とっておき”のものだった。
 こんな可憐で小さな動物にも、思いやりや優しさがあるのだと再確認した。

(大野節子さん 滋賀県/79歳/無職)

【原稿募集中!】
「犬ばか猫ばかペットばか」では、みなさまからの原稿をお待ちしております。
原稿は800文字程度で、ペットのお写真を添付のうえ、下記メールアドレスまでご送付下さい。
必ず名前、住所、年齢、職業、電話番号のご記入をお願い致します。

尚、掲載は本コーナーと「週刊朝日」の誌面となります。謝礼は6千円。
mypet@asahi.com
※著作権は本社に帰属します


(更新 2015/4/30 )


バックナンバー

コラム一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい