第30回 捨てられないなら リサイクル (1/2) |AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

第30回 捨てられないなら リサイクル

文・大谷由里子

プロフィール  バックナンバー

このエントリーをはてなブックマークに追加

マンガ/上大岡トメ

マンガ/上大岡トメ

 わたしは、掃除が得意じゃない。

 モノが捨てられない。

 いつのまにか気づくと、部屋はモノであふれかえってしまう。散らかっていてもそんなに苦痛じゃないから、よけいにたちが悪い。

 いよいよ耐えられないほどに散らかってくると、ますます心も荒む。

 散らかっている部屋を想像すると、家に帰るのもめんどうになる。

 わたしの友人で、収納コンサルタントの香取美智子さんが、言った。

「片づけが苦手な人の特徴は、『片付けよう』と、思った時にまず100円均一に行って、カゴとかをいっぱい買ってきます」

 まさに、わたしのことやん!

 家には、片づけようと買ったカゴがあちこちに転がっている。

 ところが、まったく片付いてない。

 いつも、「捨てよう」と、思うのだけれど、

「やっぱり、いつか必要になるかもしれない……」

「これ、いろいろな思い出があるんだよなあ」

 と、捨てられずにいる。

 そんな時に、こんな記事を読んだ。

「古い下着は、運が落ちる」

 ドキッとした。わたし、下着も結構、捨てられずにいる。

「運を落としたくない」

 まず、古い下着を捨てることにした。

「さすがに、下着は無理だけれど、古着って引き取ってもらえるのかなあ」

 ネットを調べてみた。

「引き取れないものはありません」

「売れなかったものは、こちらで処分させていただきます」

 そんなリサイクルショップのホームページを見つけた。

「これだ!」


(更新 2015/9/ 8 )


バックナンバー

コラム一覧

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

大谷由里子(おおたに・ゆりこ)

 1963年奈良県生まれ。京都ノートルダム女子大学を卒業後、吉本興業に入社。故・横山やすし氏のマネージャーを務め、宮川大助・花子、若井こずえ・みどりなどを売りだし注目を集める。2003年、研修会社の志縁塾を設立。「笑い」を取り入れた「人材育成研修」は、NHKスペシャルなど多くのメディアで話題となっている。 現在は、年間300を超える講演・研修をプロデュース中。主な著書に『仕事で大事なルールは吉本興業で学んだ』(こう書房)、『はじめて講師を頼まれたら読む本』(中経出版)など多数。

あわせて読みたい あわせて読みたい