第6回 おいしいものを食べる幸せ (1/2) |AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

第6回 おいしいものを食べる幸せ

文・大谷由里子

プロフィール  バックナンバー

このエントリーをはてなブックマークに追加
マンガ/上大岡トメ

マンガ/上大岡トメ

 新幹線で、わたしの後ろに50代の夫婦と思えるカップルが座っていた。

 何気なくそのふたりの会話を聞いてしまった。

 女性は、アーモンドチョコを食べていた。男性が言った。

男性「アーモンドチョコ好きだね」

女性「甘いもの食べていると、とっても幸せな気分になるじゃない」

男性「君の幸せは簡単だね」

女性「あなたも食べる?」

 そんな会話を聞いていて、「なるほど」と思った。

 たしかに、おいしいもの、好きなものを食べていると、心が満たされるかもしれない。

 そう考えると、すぐにお腹がすいて、おいしいものを「おいしい」と感じて食べることができるわたしは、とっても幸せだと思った。

 そして、何よりも、「おいしい」ものを「おいしい」と感じられる人は、それだけで幸せかも。

 わたしの祖母は、いろんなことで苦労した人だった。

 戦争、敗戦、貧乏、介護、家の没落などいろんな経験をした。

 でも、わたしたち孫にそんな不満を言ったことなどなかった。

 それよりも、「おいしいもの食べていると、嫌なことはみんな忘れるわ」と、いつも笑っていた。そんな祖母と祖父は、美味しいものに目がなかった。

「うなぎは、○○だよ」

「おまんじゅうは、△△の店だよ」

 と、お取り寄せなどない時代にもかかわらず、遠くまで買いに行ったり、わたしたち兄弟をそこまで連れて行ってくれた。

 ありがたいことにわたしたち兄弟は、そんな祖父母にいっぱいおいしいものを食べさせてもらった。

 家でも、そんなにお金があるわけでもなかったのに、おいしいものを料理してくれた。

 大家族だったけれど、ぶりを一匹なり買ってきて、お刺身、焼き、煮付けを作ってくれた。

「こうして、おいしいものを食べられるだけで、幸せだよね」

 と、食事のたびにごきげんだった。


(更新 2015/3/17 )


バックナンバー

コラム一覧

続きを読む

プロフィール

大谷由里子(おおたに・ゆりこ)

 1963年奈良県生まれ。京都ノートルダム女子大学を卒業後、吉本興業に入社。故・横山やすし氏のマネージャーを務め、宮川大助・花子、若井こずえ・みどりなどを売りだし注目を集める。2003年、研修会社の志縁塾を設立。「笑い」を取り入れた「人材育成研修」は、NHKスペシャルなど多くのメディアで話題となっている。 現在は、年間300を超える講演・研修をプロデュース中。主な著書に『仕事で大事なルールは吉本興業で学んだ』(こう書房)、『はじめて講師を頼まれたら読む本』(中経出版)など多数。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい