春のよろこびを素直に受け止めたい |AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

春のよろこびを素直に受け止めたい

文・中島かずき

プロフィール  バックナンバー

このエントリーをはてなブックマークに追加

 前回の原稿を書き上げた翌日、遅い昼食を食べに出かけると、外は気持ちのいい晴天。陽気も暖かくなり、桜もほぼ満開でした。
 その桜の下で、写真を撮っている親子連れの姿が。
 スーツ姿の父母に挟まれて真ん中にセーラー服の女の子。
 中学の入学式から帰ってきて、自宅近くの桜の下で記念撮影をしているのでしょうか。 後ろ姿しか見えなかったのですが、背中からも晴れがましい気持ちが伝わってきて、こちらも背筋がしゃんとなる思いがしました。

 今年の春は重い春です。3月11日までは、まさかこんな春になるなんて想像もしていなかった。
 それでも、春はいいな。その親子連れを見た時に、素直にそう思いました。
 ふと気づくと、『春一番』を口ずさんでいました。

 泣いてばかりいたって 幸せは来ないから
 重いコート脱いで 出かけませんか
 もうすぐ春ですね 恋をしてみませんか

 50過ぎの男が歌うにはちょっと面映ゆい歌詞ですが、50過ぎの男だって10代の時はある。まさにそういう時期に流行った歌です。
 色々と思い悩む時期に聴いた「泣いてばかりいたって幸せはこないから、重いコート脱いで出かけませんか」というフレーズが、胸に沁みたのを思い出しました。

 これからどうなるのか、まだ全然わからない。
 あの制服の女の子に、自分の子ども達に、これからどんな社会を渡せるのか、僕ら大人も全然見えない。
 それでも、春はやっぱりいいなという気持ちぐらい持ってもいいだろう。
 来年も再来年も、春はいいねと言うぞと思ってもいいだろう。
 今でもやっぱり「重いコート脱いで出かけませんか」というフレーズは胸に沁みます。

 そういえば、劇団☆新感線の『港町純情オセロ』も、4/15に大阪で初日を迎えます。
 今回は稽古場にも全く顔を出してないので、どんな芝居かさっぱりわからない。でも、なんとか無事に幕が開けられて何よりです。
 橋本じゅんの復帰第一作。本人もきっと気合いが入っていることでしょう。いつも、入っているのですが、今回は尚更ですね。
 僕は東京公演までお預けですが、楽しみです。

 翌4/16には『クレヨンしんちゃん』の劇場版の新作、『嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦』が封切りになります。
 こちらは会社を辞める前に、今の担当に引き継いだ作品です。
 こうやって、関わりのある作品が動き出すと、自分も刺激になりますね。
 僕の仕事が動き出すのは夏以降になりますが。


(更新 2011/4/14 )


バックナンバー

コラム一覧

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

中島 かずき(なかしま・かずき)

 劇作家、脚本家。福岡県出身。1985年より劇団☆新感線の座付き作家に。「阿修羅城の瞳」「髑髏城の七人」などの物語性を重視したエンターテイメント時代活劇"いのうえ歌舞伎"を多く生み出す。「アテルイ」で第47回岸田國士戯曲賞受賞。コミック原作や、アニメ「天元突破グレンラガン」(07、09)脚本・シリーズ構成、「仮面ライダーフォーゼ」(11)メイン脚本など幅広く活躍。脚本を手がけた「真田十勇士」(演出:宮田慶子、主演:上川隆也)が8月から上演される

あわせて読みたい あわせて読みたい