根尾昂、藤原恭大(ともに大阪桐蔭)、小園海斗(報徳学園)、吉田輝星(金足農)、渡邉勇太朗(浦和学院)、野村佑希(花咲徳栄)などがドラフト上位候補として注目を集めている100回記念の全国高校野球選手権。しかし高校生の段階では高い注目度を集めていない選手でも、その後の大学や社会人で大きく花開き、プロで活躍している選手は少なくない。横浜高校の松坂大輔(現中日)が大活躍した20年前の大会では浜田の和田…

続きを読む