9月に入るとだんだん秋めいてきますが、その一方で、まだまだ夏の暑さを感じる日も少なくありません。
暑さ対策で半袖を着ればよいのか、季節感を優先して長袖にシフトするべきなのか、悩んでいる方も多いでしょう。

そこで今回は、半袖はいつ頃まで着られるのか、目安になる気温や時期と共に、衣替えに適したタイミングをご紹介します。

この記事の写真をすべて見る

半袖をいつまで着るのか迷ったら気温をチェックしよう!

半袖を着る期間について明確なルールはなく、一般的に秋だと認識されている月でも、気温が高い日は着用して問題ありません。
体感温度には個人差がありますが、最高気温が25℃を超える日は半袖一枚で過ごせると言われています。

最高気温が25℃を下回る日でも、半袖の上にカーディガンやシャツなどのライトアウターを羽織れば、寒さや冷えに悩まされることはないでしょう。
むしろ、秋に入ったばかりの頃は残暑が厳しい日が多いため、長袖2枚で重ね着すると暑く感じることがあります。

気温が上がりやすい日中は半袖一枚で過ごし、気温が下がり始める夕方以降はライトアウターを羽織って体温を調節すると、一日を通して快適に過ごせるでしょう。

半袖はいつまで出しておく?衣替えのタイミングは?

季節の変わり目は衣替えのタイミングが難しく「もうしまっていいかな」「まだ早いかな」と悩んでしまいがちです。
前述の通り、体感温度には個人差があるので、日中に汗ばむほどの暑さを感じる場合は、9月に入っていても半袖をしまう必要がありません。

実際、気象庁の過去の気象データをチェックしても、主要各地の9月上旬における日最高気温の平年値は、25℃を超えるところがほとんどです。[注1]

【都市|9月上旬の日最高気温の平年値】
札幌|24.9℃
仙台|26.9℃
東京|29.6℃
大阪|31.4℃
福岡|30.1℃
那覇|31.2℃

一方で、10月上旬になると日最高気温の平年値はぐっと下がり、25℃に届かないか、かろうじて超えるところがほとんどです。

【都市|10月上旬の日最高気温の平年値】
札幌|18.7℃
仙台|21.7℃
東京|23.7℃
大阪|25.8℃
福岡|25.5℃
那覇|29.2℃

この頃になると半袖一枚で過ごす機会は少なくなってくるので、インナーとして着用するTシャツを2~3枚くらい出しておき、残りは収納してもよいでしょう。

[注1]気象庁:過去の気象データ検索

半袖はオールシーズン活躍!いつまででも着られるが正解?

半袖=夏というイメージが強いですが、重ね着をすれば季節を問わず、年間を通じて着用することが可能です。
一枚で着用できるのは夏と、残暑が厳しい時期が中心になりますが、春や秋ならカーディガンなどのライトアウターと合わせれば、ちょうどよい服装になります。

一方、秋が深まってきた時期や冬にも、ニットやダウンジャケットのインナーとして活用するという方法もあります。
このように、半袖は夏以外の季節でも着用できるオールマイティなアイテムなので、着回しの良いデザインの半袖を何枚か持っていると、コーディネートの幅が広がるでしょう。

秋に取り入れたいおすすめの半袖コーディネートのポイントを男女別に紹介します。

■【メンズ1】9月上旬~中旬はTシャツ×長袖シャツのレイヤードスタイルがおすすめ
9月上旬~中旬にかけては、残暑で気温が高い日が続くので、日中はTシャツ一枚でOKです。
ただ、夕方以降は気温が下がってくるので、長袖シャツを羽織って体温調節しましょう。

インナーに着るTシャツは白が最も着回しやすく、アウターのシャツはベージュやカーキなど、ややくすみがかった色を取り入れると秋らしくなります。

■【メンズ2】9月下旬はやや厚手のアウターと組み合わせる
9月下旬になると暑さが和らいできます。
半袖Tシャツとライトアウターだけでは、夕方以降に肌寒く感じるおそれがありますので、やや厚手のマウンテンパーカーや、テーラードジャケットなどを合わせて寒さ対策を行いましょう。

■【レディース1】9月上旬~中旬は薄手のカーディガンやシャツが大活躍
9月上旬~中旬にかけては、半袖一枚×薄手のカーディガンまたはシャツを組み合わせるのがおすすめです。
カーディガンはオレンジやくすみがかった黄色など、秋をイメージさせるカラーを選ぶと秋感が増します。

シャツなら、袖をまくれば日中から着用していても暑さを感じにくいので、ライトアウターを持ち歩くのは面倒という方にもおすすめです。

■【レディース2】9月下旬はニット素材の半袖で冷え対策を!
9月下旬は日最高気温が25℃を超える日が少なくなってくるので、半袖一枚では肌寒さを感じやすくなります。
そんなときは、ニット素材の半袖をコーディネートに取り入れてみましょう。

綿や麻よりも保温性の高いニットなら、半袖でもさほど寒さを感じません。
腕の露出が気になるときは、秋色の大判ストールなどを活用すると、冷え対策と季節感を両立できて一石二鳥です。

半袖はその日の気温をチェックしてコーディネートに取り入れよう

半袖はいつまで着られるという明確な決まりはなく、重ね着すれば一年を通して着用することが可能です。
秋にさしかかる時期でも、日最高気温が25℃を超える日の昼間は、半袖一枚で過ごしてもよいでしょう。

ただ、10月に入ると日最高気温が25℃を下回る日も増えてくるので、9月下旬になったらインナーとして着用する数枚を残し、衣替えすることをおすすめします。

天気予報専門メディア「tenki.jp」では、毎日の予想気温などをもとに最適な服装コーディネートを提案する「服装指数」を公開しています。
エリアごと、時間帯ごとに10日先まで掲載しているので、お出かけ時のコーディネート選びにぜひご活用ください。

暮らしとモノ班 for promotion
Amazonプライムデー2024「先行セール」がスタート! お得になる攻略法やキャンペーン情報、おすすめ商品を一挙紹介