メイン画像

明日16日の中国地方は大気の状態が非常に不安定で、日本海側の地域を中心に雨や雷雨となるでしょう。竜巻やひょうを伴う恐れがあります。瀬戸内側も変わりやすい天気となり、突然の雨や雷雨の可能性があります。天気の急変にご注意ください。

明日16日 上空の寒気と湿った空気の影響で大気の状態が非常に不安定

画像A

明日16日は、上空に寒気を伴う低気圧が発達しながら日本海を北東へ進む見込みです。中国地方の上空1500m付近には、マイナス21℃以下の、この時期としては強い寒気が入り、低気圧に向かって湿った空気の流れ込みが強まるため、大気の状態が非常に不安定になるでしょう。

日本海側を中心に雨や雷雨 瀬戸内側でも天気急変

画像B

中国地方は、明日16日朝から夜遅くにかけて、日本海側の地域を中心に雨や雷雨となり、竜巻などの激しい突風やひょうを伴う恐れがあります。
比較的晴れている時間が長い瀬戸内側でも天気が急変し、にわか雨や雷雨の可能性があります。急な強い雨や落雷、突風、降ひょうに注意が必要です。
農作物や農業施設の管理にも注意してください。

なお、朝は冷え込みが弱まり、最低気温は内陸部で10℃前後、沿岸部は15℃前後でしょう。日中の気温は今日15日ほど上がらず、最高気温は20℃前後の見込みです。各地とも平年より低いでしょう。また、西寄りの風がやや強い見込みです。

雷から身を守るには

画像C

外にいる時に「真っ黒い雲が近づく」「ゴロゴロと雷の音が聞こえる」「急に冷たい風が吹く」場合は、雷雲が近づいているサインです。
急に強い雨が降り、落雷する恐れがあるため、頑丈な建物内に入るなど、安全を確保していください。

雷雲が近づく時、避難する場所は、近くのしっかりした建物や、車の中が良いでしょう。木の下での雨宿りは、木に落ちた雷が人に飛び移ることがあるので、危険です。万が一、周囲に避難する場所がない時は、電柱や建築物などの高い物体のてっぺんを45度以上の角度で見上げる範囲で、その物体から4m以上離れたところ(保護範囲)に退避します。 高い木の近くは危険ですから、最低でも木の全ての幹、枝、葉から2m以上は離れてください。両足をそろえて、頭を下げてしゃがみ、両手で耳をふさぎましょう。

単独の雷雲による激しい現象は、30分から1時間程度で弱まることが多いです。スマホなどで雨雲レーダーをチェックするなど、最新の情報を確認しながら、安全な場所で雷雲が過ぎるのを待ちましょう。

ひょうの被害を防ぐには

画像D

ひょうが降ると、人や車の損傷、窓ガラスが割れる、農作物の落下や裂傷などの被害をもたらします。ひょうの中には、みかんやソフトボールくらいの大きさになるものもあり、大きければ大きいほど、落下速度が速くなるので、被害が大きくなるおそれがあります。ひょうが降る場合は、次のような方法で、被害を最小限にとどめたいものです。

①ひょうが人へ当たると、ケガをしてしまいます。また、屋外に駐車した車に、ひょうが落ちてくると、傷がついてしまいます。ひょうが降ってきたら、頑丈な屋根のある建物の中へ避難しましょう。
②家の窓ガラスに、ひょうが当たると、ガラスが割れてしまいますので、雨戸やシャッターがあれば閉めておくのがおすすめです。雨戸やシャッターがなければ、カーテンを引いておくだけでも、割れたガラスが室内に飛び散るのを、少しでも防ぐことができます。
③農作物は、事前に網で覆うと、ひょうが直接当たることを防ぐことができます。網は、なるべく目の細かい物を使用してください。また、ひょうが網の上にたまると、その重みで、網が破けることもありますので、網をしっかり取り付けることが大切です。