メイン画像

明日8日、九州はこの時季としてはやや強い寒気が流れ込みます。雨や雷雨になる所があり、気温が下がるでしょう。九州北部は最高気温が20℃に届かず、若葉寒となります。大きな気温変化にお気をつけ下さい。

7日 天気回復 西よりの強風

画像A

昨日6日、九州に雨をもらたした前線に伴う雲は本州付近を東へ進んでいます。
九州は大陸から張り出す高気圧に覆われて、日中は各地で日差しが戻るでしょう。
沿岸海上を中心に西よりの風がやや強く吹き、波が高い所がありますのでご注意下さい。

今日7日の最高気温は、九州北部で23℃前後と過ごしやすく、九州南部は26℃前後と汗ばむ陽気になる見込みです。

8日 大気不安定 気温低下

画像B

明日8日、九州付近はこの時季としてはやや強い寒気が流れ込み、大気の状態が不安定になります。九州北部は小さな低気圧や寒気の影響で、午後6時頃まで一時雨や雷雨になるでしょう。九州南部は午前中は晴れますが、午後は所々で雨雲が発生し、にわか雨や雷雨になる所がある見込みです。急な強い雨や落雷、突風にご注意下さい。
沿岸海上は北よりの風がやや強く、対馬海峡沿岸はうねりを伴いしける所がありますので、注意が必要です。

明日8日の最高気温は、九州北部で20℃に届かない所が多くなり、1か月ほど季節が後戻りします。若葉寒となりますので、おでかけの際は上着など羽織るものがあった方がよさそうです。連休中は暑いくらいの日もありましたが、このあと気温の変化が大きくなりますので、服装にお気をつけ下さい。

天気は短い周期で変化

明後日9日から10日は高気圧に覆われて、九州各地とも晴れるでしょう。11日は次第に雲が広がり、12日は前線の通過で雨が降る見込みで、この先、天気は短い周期で変化するでしょう。

9日朝はひんやりしますが、今週の後半は最高気温が25℃以上の夏日が現れる見込みです。