都市部を中心に人気が続く中学受験。首都圏の受験率は2024年、過去最高を更新しました。中学入試や中高一貫校の最新トピックを紹介するAERA with Kids+の連載。今回は、海外大学への合格状況について。中学受験情報誌「進学レーダー」前編集長の井上修さん(現・日能研入試情報室室長)が解説します。

MENU 大学実績評価の多様化 首都圏の中高一貫校の25%が海外大学合格の時代 国際バカロレア教育が結実 海外大学はより身近に

大学実績評価の多様化

 日能研では、私学(私立中高一貫校)の大学合格実績を毎年集計して発表しています。その実績は、A率、B率という独自のランキングを作成し公表していました。まずA率は、東京大学、早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学の現役合格率、B率は東京理科大学、明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学の現役合格率でした。近年、このA率、B率を取り巻く環境は大きく変化しています。そのうちの一つが理系率の上昇です。B率から東京理科大学を外しMARCHだけとし、東京工業大学、東京農工大学に、前述の東京理科大学、さらに芝浦工業大学、東京農業大学を加えて、その現役合格率であるS率を新たに作成しました。S率のSはSCIENCEのSです。

首都圏の中高一貫校の25%が海外大学合格の時代

 そして、これらの指標とはまた別に、近年台頭している大学実績のカテゴリーがあります。それが海外大学の実績です。

 日能研では2021年から、海外大学の合格実績をまとめて報告し始めました。データを取っていると、特に22年から23年にかけて、私学の海外大学の合格実績が非常に高まっているのに気がつきました。

 というのも、21年、22年までは、各中高一貫校の現役合格者2人以上でデータを作成していたのですが、23年に表を作成したところ、2人以上だと約100校になり、改めて3人以上でまとめなおしたところ、それでも73校となりました。首都圏にある私立・国立・公立中高一貫校が300校弱ですから、全体の約25%の中高一貫校が海外大学に3名以上合格しているということになります。これほどまでに海外大学志向は進行しているのです。

著者 開く閉じる
井上修
進学レーダー前編集長/日能研入試情報室室長 井上修

いのうえ・おさむ/1967年生まれ。91年横浜国立大学教育学部心理学専攻卒業。同年日能研入社。以来継続して入試・学校・教育情報を専門とする。中学受験雑誌「進学レーダー」編集長を経て2024年より現職。著書、雑誌への寄稿多数。

NEXT海外大学への現役合格率トップ5は
1 2 3