28日放送の「マツコの知らない世界 VFXの世界1時間スペシャル」(TBS・火曜午後8時55分~)に映画監督の山崎貴さんが登場、マツコ・デラックスさんと初対面します。山崎さんの過去の記事を振り返ります。(2024年5月6日配信の記事を再編集したものです。本文中の年齢等は配信当時)

MENU 映画の脚本を書くことが一番大変 中学生のとき映画館で衝撃を受けた

 第96回アカデミー賞(R)で日本映画初の視覚効果部門を受賞した「ゴジラ-1.0」の山崎貴監督。特殊撮影(特撮)やCGを使って表現する「VFX」を得意とする山崎監督ですが、その仕事は一体どのようなものなのでしょうか? 小中学生向けのニュース雑誌「ジュニアエラ」(朝日新聞出版)のインタビューから、子どもたちへのメッセージとともにお届けします。

映画の脚本を書くことが一番大変

ーー「映画監督」ってどんな仕事ですか?

 今回の作品「ゴジラ-1.0」で、私は監督・脚本・VFXを担当しました。最初の大仕事は映画の脚本を書くことから始まりますが、ここが一番大変なところです。脚本が決まると同時に、出演者のキャスティングをしていきます。また、どの場所で撮影し、どの部分はCGにするかなどを決め、全編のイメージを明確にする「絵コンテ」をつくります。その間、美術や衣装などのチームや、カメラマン、照明などの技術チームとの打ち合わせを重ねていきます。

 念入りに準備をしたら、いよいよ撮影スタート。俳優さんの演技を指導し、OKを出すのも監督の大切な仕事です。撮影が終わったら、映像編集の作業へ。出演者の声や効果音、BGMを重ねたり色調整をしたり、CGを合成したりして、いろんな素材を集めて一本の映像をつくり、ようやく作品が完成します。

 一本の映画をつくるのに数年、そのすべての工程で最終決定をするのが私の役割です。そこでは「自分の心が動くかどうか、ワクワクするかどうか」というのを一番大切にしています。

著者 開く閉じる
ジュニアエラ編集部
ジュニアエラ編集部
NEXTこの仕事の醍醐味は?
1 2