瀬戸康史、赤ちゃん「寝ました~!」の声に大慌て? ドラマで育児を疑似体験、「すごくショック」な出来事も

2021/07/20 11:00

 6カ月の育児休業を取得した男性会社員を主人公にしたWOWOWオリジナルドラマ「男コピーライター、育休をとる。」。主演の瀬戸康史さんは撮影自体で育児の大変さを実感した。男性育休が根づいていない日本社会に、この作品が投げかけるものは大きい。AERA 2021年7月19日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • お金の不安にキャリアの不安...男性の育休取得が難しい理由

    お金の不安にキャリアの不安...男性の育休取得が難しい理由

    BOOKSTAND

    3/16

    男性育休率100%の中小企業 「休めない空気」を打破した社長のメッセージとは?

    男性育休率100%の中小企業 「休めない空気」を打破した社長のメッセージとは?

    dot.

    11/3

  • 育休中に仕事してクレームも? アラフィフで2児の父になった龍ケ崎市長

    育休中に仕事してクレームも? アラフィフで2児の父になった龍ケ崎市長

    AERA

    6/24

    里帰り出産なんてありえない? グローバルママが指摘する日本の子育ての意外な盲点

    里帰り出産なんてありえない? グローバルママが指摘する日本の子育ての意外な盲点

    BOOKSTAND

    10/10

  • 出産後、父親はすぐに育休を取るべき理由と、不妊に悩む人が利用したい助成とは? 
    筆者の顔写真

    小泉正典

    出産後、父親はすぐに育休を取るべき理由と、不妊に悩む人が利用したい助成とは? 

    dot.

    9/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す