セクハラはびこる背景に「男性同士のハランスメント文化」も関係 多賀太・関西大学教授「男性こそが声をあげるべき」

2022/11/20 18:00

 社会問題化して久しいセクハラだが、いまだになくならない。一体なぜなのか。セクハラの現状と課題について、多賀太・関西大学教授に聞いた。AERA 2022年11月21日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • セクハラ発言は「Sキャラ」のちょっかいなのか 加害男性の高笑いに「被害」を実感した
    筆者の顔写真

    北原みのり

    セクハラ発言は「Sキャラ」のちょっかいなのか 加害男性の高笑いに「被害」を実感した

    dot.

    2/16

    小島慶子「女性の『セクハラに適応せよ』は、本気なだけに罪深い」
    筆者の顔写真

    小島慶子

    小島慶子「女性の『セクハラに適応せよ』は、本気なだけに罪深い」

    AERA

    5/12

  • セクハラ・性加害の背景に不十分な性教育 中学校で「性交」を教えることができない理由

    セクハラ・性加害の背景に不十分な性教育 中学校で「性交」を教えることができない理由

    AERA

    11/19

    「『セクハラだよ』と言ってあげることも友情」野田聖子総務相×小島慶子対談

    「『セクハラだよ』と言ってあげることも友情」野田聖子総務相×小島慶子対談

    AERA

    6/29

  • 「イケメン」は男性へのセクハラになる?

    「イケメン」は男性へのセクハラになる?

    AERA

    5/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す