体育座り、重いランドセル……根深い“昭和の管理教育”が子どもの考える力を阻む要因に

2022/06/17 08:00

 多くの人がなんの疑問もなくやっていた「体育座り」。ところが、専門家は体に負担のかかる座り方だと指摘する。学校で、体に悪いルールがまかり通っているのはなぜなのか。AERA2022年6月20日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 体操服に下着の着用禁止 「ヘンな校則」本当に子どものため?

    体操服に下着の着用禁止 「ヘンな校則」本当に子どものため?

    AERA

    12/5

    「『死なない程度』のサポートしか…」介護経験者が明かす“失望”

    「『死なない程度』のサポートしか…」介護経験者が明かす“失望”

    AERA

    6/2

  • 「日本の校則はなぜ厳しいのか」19歳の問いに鴻上尚史が明かした高校時代の闘争
    筆者の顔写真

    鴻上尚史

    「日本の校則はなぜ厳しいのか」19歳の問いに鴻上尚史が明かした高校時代の闘争

    dot.

    11/5

    その痛み大丈夫? 腰痛にがん、感染症の可能性も

    その痛み大丈夫? 腰痛にがん、感染症の可能性も

    AERA

    3/28

  • 腰痛は一生治らないの? 大切なのは「腰が痛くてもやってみる」

    腰痛は一生治らないの? 大切なのは「腰が痛くてもやってみる」

    dot.

    11/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す