ロシアの民間人虐殺は「戦争犯罪」にあたるも「ジェノサイド」該当は難しい理由

ウクライナ

2022/04/19 08:00

 ブチャやボロジャンカなどで民間人虐殺が相次いでいる。ロシア軍による残虐な行為は、国際法でどんな犯罪に該当するのだろうか。AERA 2022年4月25日号は、同志社大学の浅田正彦教授(国際法)に聞いた。

あわせて読みたい

  • プーチン大統領の逮捕が困難な理由 戦争犯罪を認定する意義は?

    プーチン大統領の逮捕が困難な理由 戦争犯罪を認定する意義は?

    週刊朝日

    4/20

    プーチン氏を罪に問えても「逮捕状止まり」の可能性 「それでも意義はある」と専門家

    プーチン氏を罪に問えても「逮捕状止まり」の可能性 「それでも意義はある」と専門家

    AERA

    4/19

  • 東浩紀「戦争はひとを狂わせる 狂気の連鎖を止めるには戦争を止めるしかない」
    筆者の顔写真

    東浩紀

    東浩紀「戦争はひとを狂わせる 狂気の連鎖を止めるには戦争を止めるしかない」

    AERA

    4/12

    ウクライナ侵攻の民間人攻撃、背景にプーチンの誤算 “一つの民族”を標的にする「異常性」専門家が指摘

    ウクライナ侵攻の民間人攻撃、背景にプーチンの誤算 “一つの民族”を標的にする「異常性」専門家が指摘

    AERA

    4/5

  • 日本は「モノ言える国」 「停戦のために積極的に」と参議院議員

    日本は「モノ言える国」 「停戦のために積極的に」と参議院議員

    AERA

    4/28

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す