田中圭 超売れっ子俳優は占いでは「スーパーポジティブ」 主演を務める際の心構えとは 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

田中圭 超売れっ子俳優は占いでは「スーパーポジティブ」 主演を務める際の心構えとは

澤田憲AERA

 ドラマ「おっさんずラブ」で、一躍時の人となった俳優・田中圭さんがAERAに登場。AERA 2021年5月3月号-2021年5月10日合併号から。

【写真】田中圭さんが表紙を飾ったAERAはこちら

*  *  *
 笑い声の多い現場だった。この日は午前と午後に複数の番組収録があり、スケジュールは過密だったが、撮影中、冗談を飛ばしてはスタッフを笑わせた。

「さっき占いの番組を収録してきたんですが、『この時期にこういうことがあったでしょ?』って聞かれたんですが、あまり覚えてないんですよね……。最終的に『あなたはスーパーポジティブ』って言われました」

 一方で、インタビューでは、質問に対してじっと考える場面もあった。

 昨年はドラマ6本に出演、今年は近日公開予定の「ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~」を始め、出演映画4本の公開を控える。

「僕もそこそこ経験値があるはずなのに、若手俳優の演技に刺激を受けることは多い」と語るが、「自分が若かったときとは違うなと感じる」と話す。

「僕が若手だったときは、力強く体当たりでぶつかる主役をやった記憶がありません。もっと小賢しいというか、器用に立ち回る感じの役が多かったですね」

 2018年の連続ドラマ「おっさんずラブ」で、一躍時の人となった。以来、活躍が続いている。

 だが、そこまでのキャリアは決して平坦ではなかった。同作で主演を務めるまでに、150本を超えるドラマ・映画・舞台に出演した。日の当たらない時代は、数多くの“主人公のとなり”で作品を支えてきた。

 いまは主役として、座長を務めることも多い。「主役は小賢しいことをしないで、どーんとぶつかればいいと思います。主演じゃないときは、ついつい小賢しいことをしちゃいますね」と笑う。

「表情とか立ち位置とか、ここではこう見られておこうとか……。出過ぎず出なさ過ぎず、すごく計算して演じているということにしといてください(笑)」

(ライター・澤田憲)

AERA 2021年5月3日-2021年5月10日合併号


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい