命を守るため「癒し課」設立、社員は猫! 猫との出会いが人生を変えていた (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

命を守るため「癒し課」設立、社員は猫! 猫との出会いが人生を変えていた

熊澤志保AERA#ねこ
人懐こい元気印のサクレ。癒し課を紹介するしまや出版のホームページには、在籍した歴代猫たちが丁寧に紹介されている(撮影/今村拓馬)

人懐こい元気印のサクレ。癒し課を紹介するしまや出版のホームページには、在籍した歴代猫たちが丁寧に紹介されている(撮影/今村拓馬)

 猫と出会ったら人生が変わった──。耳のてっぺんから尻尾の先まで、猫には奇跡のタネがつまっているのかもしれない。猫たちと出会い、会社に新しい課を起こしたり、町おこしに尽力する人々がいる。AERA2021年3月15日号から。

【写真特集】飼い主の人生を変えた猫たちはこちら

*  *  *
 仲良くなった猫を守るために「癒し課」を設立した会社がある。癒し課の社員は猫だ。

 東京都足立区のしまや出版は小さな印刷会社。その3階が癒し課用のスペースだ。活版活字に交じって、キャットタワーやキャットハウスがある。

 訪れた取材班を歓待してくれたのは、茶トラのサクレ(推定10カ月、オス)だ。興味津々近づいたり、猫じゃらしをくわえて遊びに誘ったり、愛嬌たっぷり。同社代表取締役の小早川真樹さんによると、癒し課社員の職務は多岐にわたる。

「会議が紛糾していると、ひざにのって和ませてくれることもありますし、来客のおもてなしもしてくれます」

 しまや出版は河川敷近くにあり、界隈には常に複数の外猫がいた。日ごろから、社のスタッフたちと猫は交流していた。だが、近くの道は車の往来も激しく、猫たちが交通事故に遭って亡くなる姿も目の当たりにしてきた。

「せめて仲良くなった猫たちだけでも会社の中に入れてあげようという話になったのが、12年ほど前。招き入れた猫たちを室内飼いにして、平成22年2月22日、癒し課を発足しました」

 昨年からのコロナ禍で、しまや出版も営業面は打撃を受けた。

「でも、癒し課の写真をSNSに投稿すると大きな反響があって、明るい気持ちになれました。猫たちには感謝しています」

■猫とお遍路の旅へ

猫と一緒のお遍路結願という“前猫未到”の偉業を成し遂げた飼い主と猫がいる。徳島県に暮らす夜行さん(ツイッターのユーザーネーム)と、サバトラのこよみ(9歳、メス)と白猫のゆき(8歳、メス)だ。

 猫のお遍路さんは、17年9月18日、1番札所・徳島県の霊山寺からスタートし、およそ1年かけて、飼い主の夜行さんと共に四国八十八カ所を旅した。なぜ、猫とお遍路をしようと思ったのか。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい