震災から10年 カーシェアが活気につながった「石巻モデル」に世界が注目

東日本大震災

2021/02/26 08:02

 住まい、人との交流──「10年」という月日が変えたものは様々だが、ビジネスの在り方も変わった。ともに支え合う「絆」の心が、新しいビジネスの形を築いた。AERA 2021年3月1日号では、世界からも注目される宮城県石巻市の取り組みを取材した。

あわせて読みたい

  • 東北で生まれる新たなビジネス 原発事故で一時は町を出た企業が福島に戻ってきた理由

    東北で生まれる新たなビジネス 原発事故で一時は町を出た企業が福島に戻ってきた理由

    AERA

    2/27

    3.11から9カ月「震災と宗教」

    3.11から9カ月「震災と宗教」

    週刊朝日

    12/27

  • 「家賃がタダだから…」仮設住宅に残った人への辛辣な声 見つけられない終の棲家

    「家賃がタダだから…」仮設住宅に残った人への辛辣な声 見つけられない終の棲家

    AERA

    2/13

    デザイン性に富んだ「仮設」 被災地に“ゆとり”を生む

    デザイン性に富んだ「仮設」 被災地に“ゆとり”を生む

    週刊朝日

    3/10

  • 僧侶相手にカフェで文句? 被災者の心をケアする仏教者たち

    僧侶相手にカフェで文句? 被災者の心をケアする仏教者たち

    AERA

    10/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す