議事録はAIにお任せ? 方言に対応、“同時通訳”も…進化した自動文字起こしサービス

2020/11/28 08:02

 これまでは精度に不安があったAI(人工知能)による自動文字起こしサービスが今、大きく進化している。例えばRimoが提供する文字起こしサービス「Rimo Voice」は、60分の音声を5分でテキスト化。その精度もなかなかのものだ。このほかにも、使える文字起こしサービスは多数登場している。AERA 2020年11月30日号では、その機能に迫った。

あわせて読みたい

  • 「ついに使えるものが…」テレワーク拡大で「AI文字起こしサービス」が劇的進化

    「ついに使えるものが…」テレワーク拡大で「AI文字起こしサービス」が劇的進化

    AERA

    11/28

    日本人「英語禁止」も納得 リアルタイムAI翻訳は「通訳挟むより会話のテンポはスムーズ」驚異の実力

    日本人「英語禁止」も納得 リアルタイムAI翻訳は「通訳挟むより会話のテンポはスムーズ」驚異の実力

    AERA

    4/24

  • 古賀茂明があえて言う「議事録公開に意味がない理由」
    筆者の顔写真

    古賀茂明

    古賀茂明があえて言う「議事録公開に意味がない理由」

    週刊朝日

    6/9

    AIが男女差別する? “データの偏り”が招く思わぬ落とし穴

    AIが男女差別する? “データの偏り”が招く思わぬ落とし穴

    AERA

    5/13

  • AI上司にAI人事 研究室から飛び出したAIが人間を超える日

    AI上司にAI人事 研究室から飛び出したAIが人間を超える日

    AERA

    8/19

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す