「トランプに再び出し抜かれるぞ」マイケル・ムーアが警鐘 トランプ氏の猛追でバイデン氏は逃げ切れるのか? (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「トランプに再び出し抜かれるぞ」マイケル・ムーアが警鐘 トランプ氏の猛追でバイデン氏は逃げ切れるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
津山恵子AERA#ドナルド・トランプ
中西部アイオワ州で開かれた支持者集会で演説するトランプ氏。トランプ氏が登場した際、支持者の歓声で大音響の音楽も聞こえなくなった(撮影/津山恵子)

中西部アイオワ州で開かれた支持者集会で演説するトランプ氏。トランプ氏が登場した際、支持者の歓声で大音響の音楽も聞こえなくなった(撮影/津山恵子)

ムーア氏はトランプ氏が大統領に当選する理由を2016年7月にブログに書いて予言していた (c)朝日新聞社

ムーア氏はトランプ氏が大統領に当選する理由を2016年7月にブログに書いて予言していた (c)朝日新聞社

 この道は、いつか来た道。米大統領選挙戦が本格化し、バイデン民主党候補が支持率でトランプ大統領をリード。4年前も民主党がリードしていたが──。 AERA 2020年9月21日号から。

【写真】ムーア氏はトランプ氏が大統領に当選する理由を予言していた

*  *  *
「トランプ(大統領)の支持基盤6千万人の熱意のレベルはとてつもない! ジョー(・バイデン民主党候補)の方はそうでもない」

 8月28日、ドキュメンタリー映画監督マイケル・ムーア氏が、フェイスブックにこう投稿した。ムーア氏は、民主党支持でリベラル派の急先鋒(きゅうせんぽう)。しかし、2016年大統領選挙中、11月の投開票日の3カ月以上前に、トランプ共和党候補(当時)の勝利を予想したことでよく知られている。

■両者の支持率は僅差

 そのムーア氏が、民主党支持者たちに警鐘を鳴らす。

「君らはトランプ勝利への備えができているのか? トランプに再び出し抜かれるのに、心の準備はできているのか? 民主党がうまくやってくれるだろうという信頼に甘んじていないか?」(同投稿)

 フロリダ州に住む民主党支持者、イヴ・バルバネルさんは、ムーア氏の投稿にこうコメントし、危機感をつのらせた。

「これが間違っていて、ムーアの指摘が、人びとの目を覚まし、変化を生むことができますように!」

 実際に、両候補の支持率は、誤差の範囲と言えるほどまでに差が縮まっているのだ。政治ニュースサイト「リアル・クリア・ポリティクス(RCP)」が集計した各種世論調査の平均で、ムーア氏が投稿した直後の8月31日時点、バイデン氏の支持率が49.6%で、トランプ氏が43.3%。1カ月前の7月27日には、バイデン氏が9.3ポイントリードしていたが、6.3ポイントにまで差が縮小している。

 しかも、選挙の結果を決定的にする激戦州では、トランプ氏がバイデン氏を猛追する。CNNがまとめた15の激戦州のみの集計では、バイデン氏支持は49%、トランプ氏支持が48%とほぼ拮抗(きっこう)。全米の支持率では、バイデン氏が50%、トランプ氏が46%となっているため、トランプ陣営が激戦州で有利に展開していることは明白だ。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい