「喜びもたらした桜の功績に恩返し」 尾崎行雄の洋館、解体の危機で地元住民が保存運動

2020/07/19 17:00

 解体の危機に瀕している明治期の名建築を保存しようと、住民たちが動き出した。このような騒動の背景には、日本の文化財保護行政のお粗末さもあると専門家は指摘する。AERA 2020年7月20日号に掲載された記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 建築愛する漫画家が、歴史ある洋館の「家主」になるまで 実録コミックエッセー刊行

    建築愛する漫画家が、歴史ある洋館の「家主」になるまで 実録コミックエッセー刊行

    AERA

    8/18

    「憲政記念館」取り壊し案浮上 尾崎行雄の孫が「待った!」

    「憲政記念館」取り壊し案浮上 尾崎行雄の孫が「待った!」

    週刊朝日

    10/29

  • マンション建替えの光と影 成功した「諏訪二丁目住宅」を追う

    マンション建替えの光と影 成功した「諏訪二丁目住宅」を追う

    AERA

    8/19

    東京駅と旧二条駅、駅舎も歴史的文化財

    東京駅と旧二条駅、駅舎も歴史的文化財

    AERA

    9/23

  • 相馬家33代当主「“憲政の神様”、尾崎行雄夫妻のなれ初めを教えてくれた母」

    相馬家33代当主「“憲政の神様”、尾崎行雄夫妻のなれ初めを教えてくれた母」

    週刊朝日

    1/16

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す