米エンタメにはファンの政治観も大きく影響? トランプ大統領VSスターの真っ向勝負も

2020/06/12 11:30

 第2次大戦期には国威発揚映画が作られ、続く東西冷戦下では反共産主義の機運のなかで一気に左派攻撃が過激化する。「アメリカの理想を守るための映画同盟」による共産主義の排除のための「赤狩り」が行われ、スタジオからは300人以上の業界人が解雇された。米国のスターが現在のような「発言権」を持つようになるまでに、一体どのような経緯があったのか? AERA 2020年6月15日号に掲載された記事で、その歴史を紐解く。

あわせて読みたい

  • 「半世紀かけつかんだ表現の自由」 スターが発言権を得るまでの過酷な闘争の歴史とは

    「半世紀かけつかんだ表現の自由」 スターが発言権を得るまでの過酷な闘争の歴史とは

    AERA

    6/12

    小栗旬が芸能界の“労働組合”を結成? 奴隷契約、加重労働、泣き寝入りにNO

    小栗旬が芸能界の“労働組合”を結成? 奴隷契約、加重労働、泣き寝入りにNO

    週刊朝日

    1/1

  • ハリウッド映画黄金期のレジェンド、カーク・ダグラスさんを偲んで

    ハリウッド映画黄金期のレジェンド、カーク・ダグラスさんを偲んで

    tenki.jp

    2/28

    なぜメリル・ストリープはトランプに噛みつき、オリバー・ストーンは期待するのか

    なぜメリル・ストリープはトランプに噛みつき、オリバー・ストーンは期待するのか

    週刊朝日

    6/8

  • 内田樹「敵をつくって排除するというトランプ大統領の手法は破たんしている」
    筆者の顔写真

    内田樹

    内田樹「敵をつくって排除するというトランプ大統領の手法は破たんしている」

    AERA

    6/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す