ルーブル美術館の混雑緩和 まちづくりにも生かされた「データ分析」の重要性

2020/03/23 08:00

 人や車の動きなどのビッグデータを使えば、快適なまちづくりや市民生活の向上が可能になる――。AERA2020年3月23日号では、データを活用した新しいまちづくりの手法に迫った。

あわせて読みたい

  • コロナ禍でも“芸術の秋” 最新「美術館」が続々オープン!

    コロナ禍でも“芸術の秋” 最新「美術館」が続々オープン!

    週刊朝日

    10/9

    世界遺産も国宝も「クローン」にする驚きの技術

    世界遺産も国宝も「クローン」にする驚きの技術

    AERA

    6/4

  • 香取慎吾がルーブル美術館で初個展、ツアーはほぼ即完売

    香取慎吾がルーブル美術館で初個展、ツアーはほぼ即完売

    AERA

    6/22

    大量動員型からの脱皮なるか 新型コロナで変わる美術館&博物館

    大量動員型からの脱皮なるか 新型コロナで変わる美術館&博物館

    dot.

    9/4

  • 雨に濡れずに行ける美術館♪関西おすすめスポット<レジャー特集|関西2018>

    雨に濡れずに行ける美術館♪関西おすすめスポット<レジャー特集|関西2018>

    tenki.jp

    6/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す