防潮堤で集落が冠水 住民は危険を訴えるも「防潮堤ありき」で計画進んだ

2020/03/11 08:00

 東日本大震災後、復興工事として昨年8月に完成した防潮堤。だが、昨年の台風19号により、宮城県石巻市の牡鹿(おしか)半島にある小集落、蛤浜(はまぐりはま)では、昨年秋の台風19号で排水路が機能せず、防潮堤が水をせき止めて集落の平地一帯が冠水した。AERA 2020年3月16日号から。

あわせて読みたい

  • 津波を防ぐための防潮堤で集落冠水の悲劇 豪雨で排水追い付かず

    津波を防ぐための防潮堤で集落冠水の悲劇 豪雨で排水追い付かず

    AERA

    3/11

    震災10年「防潮堤に頼らない」を選んだ二つの街 被災前の砂浜を取り戻した地域も

    震災10年「防潮堤に頼らない」を選んだ二つの街 被災前の砂浜を取り戻した地域も

    AERA

    2/14

  • ノンフィクション作家・吉岡忍が「防潮堤は強がりなガキ大将みたい」と指摘

    ノンフィクション作家・吉岡忍が「防潮堤は強がりなガキ大将みたい」と指摘

    週刊朝日

    3/11

    被災地・気仙沼の「復興」に“ウルトラマン”はいなかった

    被災地・気仙沼の「復興」に“ウルトラマン”はいなかった

    dot.

    3/11

  • 「600年の歴史が消えていく」 震災後、住民が去った宮城・雄勝にフラワーガーデンを造った理由

    「600年の歴史が消えていく」 震災後、住民が去った宮城・雄勝にフラワーガーデンを造った理由

    AERA

    3/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す