言語と文化の壁を超えた翻訳文学が受賞 「セクハラ騒動後」のノーベル文学賞

2019/10/16 17:00

 ノーベル文学賞を取る人は言葉の革命家──。ドイツ文学者の松永美穂さんと翻訳家の鴻巣友季子さんが受賞者の発表を機に、「セクハラ騒動後」を語り合った。AERA 2019年10月21日号に掲載された記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 文学はヘイトの反動で豊かになる 日韓関係冷え込む中で“反比例”

    文学はヘイトの反動で豊かになる 日韓関係冷え込む中で“反比例”

    AERA

    10/16

    読者の心をつかむ独自の視線と鋭い言語力 鴻巣友季子<現代の肖像>

    読者の心をつかむ独自の視線と鋭い言語力 鴻巣友季子<現代の肖像>

    AERA

    7/24

  • 「村上春樹は日本語まで変えてしまった」 翻訳家ら、6人の文学通がレビューする小説の名場面

    「村上春樹は日本語まで変えてしまった」 翻訳家ら、6人の文学通がレビューする小説の名場面

    AERA

    6/6

    外国文学は小学生から読んでいたが、最も影響を受けたのは安部公房の『箱男』 ------アノヒトの読書遍歴:鴻巣友季子さん(前編)

    外国文学は小学生から読んでいたが、最も影響を受けたのは安部公房の『箱男』 ------アノヒトの読書遍歴:鴻巣友季子さん(前編)

    BOOKSTAND

    5/24

  • 村上春樹の『一人称単数』に劣情感じる? 「文學界」の“読書会”を批評

    村上春樹の『一人称単数』に劣情感じる? 「文學界」の“読書会”を批評

    週刊朝日

    8/31

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す