「チャレンジャー事故」と重なる…原発事故の実態が刑事裁判で判明

2019/10/03 08:00

 未曽有の被害をもたらした福島第一原発事故。東京電力旧経営陣の責任を問うた裁判で、「無罪」が言い渡された。ただ裁判では、事故調査委員会が明らかにできなかった事実も判明した。AERA 2019年10月7日号に掲載された記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 東電「津波想定」引き下げるため圧力 東北電力のメールで明らかに

    東電「津波想定」引き下げるため圧力 東北電力のメールで明らかに

    AERA

    10/3

    傍聴席から失笑も… 東電元副社長が法廷で驚きの発言を連発

    傍聴席から失笑も… 東電元副社長が法廷で驚きの発言を連発

    AERA

    10/23

  • 津波“無策3兄弟”の罪 東電元幹部初公判

    津波“無策3兄弟”の罪 東電元幹部初公判

    AERA

    6/28

    東電旧経営陣に無罪判決 被災者から失望の声が相次ぐ

    東電旧経営陣に無罪判決 被災者から失望の声が相次ぐ

    週刊朝日

    9/25

  • 津波の計算求められ「40分抵抗」、逃げ切った東電…保安院も機能せず 原発事故「衝撃」の事実

    津波の計算求められ「40分抵抗」、逃げ切った東電…保安院も機能せず 原発事故「衝撃」の事実

    AERA

    10/10

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す