早稲田は「雑草の最高峰」慶應は…? SHOWROOM社長とビリギャルが語る魅力

2019/09/13 17:00

「私学の両雄」早稲田大学と慶應義塾大学。各界に多彩な人材を輩出してきた両校の魅力とは何か。早稲田はSHOWROOM前田裕二社長、慶應は大学院生・小林さやかさんが語る。AERA 2019年9月16日号に掲載された記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • “チャラさ”も戦略? IT社長・前田裕二の今をつくった女子とは

    “チャラさ”も戦略? IT社長・前田裕二の今をつくった女子とは

    週刊朝日

    5/27

    転機は小学校時代 稀代の

    転機は小学校時代 稀代の"メモ魔"「SHOWROOM」前田裕二社長が教える「メモ術」

    BOOKSTAND

    1/25

  • 早稲田vs慶應、令和はどっちが有望? 徹底比較

    早稲田vs慶應、令和はどっちが有望? 徹底比較

    週刊朝日

    3/23

    昭和の早大生が見た慶應生「おしゃれ度が違った」 今の早稲田はスマートに?

    昭和の早大生が見た慶應生「おしゃれ度が違った」 今の早稲田はスマートに?

    AERA

    12/12

  • 小4並の学力 ビリギャルの背中押した「母の封筒の重み」

    小4並の学力 ビリギャルの背中押した「母の封筒の重み」

    AERA

    5/18

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す