「りゅうちぇる」誕生のきっかけに隠された深い思い (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「りゅうちぇる」誕生のきっかけに隠された深い思い

このエントリーをはてなブックマークに追加
りゅうちぇる/1995年、沖縄県生まれ。高校卒業後、ありのままの自分を表現できる街・原宿をめざして上京し、読者モデルを経て、テレビ番組などで活躍中 (写真提供:スターレイプロダクション)

りゅうちぇる/1995年、沖縄県生まれ。高校卒業後、ありのままの自分を表現できる街・原宿をめざして上京し、読者モデルを経て、テレビ番組などで活躍中 (写真提供:スターレイプロダクション)

金井宣茂(かない・のりしげ)/1976年、東京都生まれ。防衛医科大学校医学科卒業後、外科医師・潜水医官を経て、2009年、JAXAに入社。17年12月から168日間、国際宇宙ステーションに滞在 (撮影/写真部・小山幸佑)

金井宣茂(かない・のりしげ)/1976年、東京都生まれ。防衛医科大学校医学科卒業後、外科医師・潜水医官を経て、2009年、JAXAに入社。17年12月から168日間、国際宇宙ステーションに滞在 (撮影/写真部・小山幸佑)

 毎月話題になったニュースを子ども向けにやさしく解説する、小中学生向けの月刊ニュースマガジン『ジュニアエラ』8月号の特集は「読書感想文の達人になろう」。憧れのセンパイたちが子どものころに出合い、影響を受けた3冊について語るコーナーも。特別に、タレントのりゅうちぇるさんと宇宙飛行士の金井宣茂さん、2人が選んだ3冊を紹介する。

【金井宣茂さんはこちら】

*  *  *
●タレント・りゅうちぇるさん

 戦隊ものが苦手なぼくが、初めて憧れた男の子が「ピーター・パン」です。夢の国の話にどんどんひきこまれて、寝る前に何度も読み返しました。アニメ版も見て、その中の歌を繰り返しうたったし、ハロウィーンでピーター・パンの仮装をしたこともあります。

 でも、中学生になると、人目を気にして、ピーター・パンが好きなことを隠すようになりました。家でメイクしてピーター・パンに近づこうとしたけど、ピーター・パンになるのはムリ。そのことがわかってから、偽りのない生き方をする「りゅうちぇる」という存在を思い描き、「いつか、りゅうちぇるになりたい」と思うようになりました。

 そして今、夢をかなえた☆

 パパになった今も、ピーター・パンのように永遠の少年の心を忘れずにいたいと思っています。

【影響を受けた本】
(1)『ディズニー名作童話館9 ピーター=パン』 末吉暁子/文 講談社

(2)『スイミー ちいさな かしこい さかなの はなし』 レオ・レオニ/作 谷川俊太郎/訳 好学社
小さな赤い魚たちの中で1匹だけ黒い「スイミー」。その個性がみんなの中で意味を持つところがすてき。ぼくと似ているなと思いました。大人になってからも悩んだときは「スイミー、スイミー、大丈夫」と言って乗り越えてきました。

(3)『新・おきなわ昔ばなし(2)―7神様の引っこし』 新貝貴典/文 沖縄出版
怠け者の家に住むお金持ちの神様と、働き者の家に住む貧乏神が、引っ越しするお話です。小学3年生のとき、「お話大会」に出るために丸暗記した思い出の本。自分の行動が未来をつくると教えてくれました。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい