平成の天皇と皇后が担った「役割」とは? 政治学者・原武史が語る

皇室

2019/04/30 07:00

 平成では天皇や皇后が全国各地でひざまつき、被災者目線で語りかけることで、国民一人ひとりに直接つながる関係が強まった。そこから映し出される平成時代の天皇の役割と成果とは何だったのか。放送大学教授の原武史さんが解説する。

あわせて読みたい

  • 平成の皇室の象徴「ひざまずき」のスタイルはいかにして生まれたのか?

    平成の皇室の象徴「ひざまずき」のスタイルはいかにして生まれたのか?

    AERA

    4/30

    両陛下が確立した平成の皇室像に紆余曲折…乗り越えた右派の批判

    両陛下が確立した平成の皇室像に紆余曲折…乗り越えた右派の批判

    AERA

    4/30

  • 検証・天皇の「お言葉」と敗戦の「玉音放送」 こんなに似ている

    検証・天皇の「お言葉」と敗戦の「玉音放送」 こんなに似ている

    AERA

    9/7

    「一人よりも二人」「助け合う」関係性 ご進講から見えた令和流 おことばの形

    「一人よりも二人」「助け合う」関係性 ご進講から見えた令和流 おことばの形

    AERA

    4/27

  • 【2017年大予測】原武史「天皇の平成流スタイルは維持されない」

    【2017年大予測】原武史「天皇の平成流スタイルは維持されない」

    AERA

    1/14

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す