間違った医療情報の「いいね!」にストップ「#インスタ医療団」

2019/04/23 16:00

 小児科専門医であり2児の父でもある加納友環さんは、ホームページなどで医療情報を発信する中、病院に来る母親たちの情報源はインスタであることに気づいた。試しに検索してみると、ネガティブなキーワードや誤った情報が飛び交う現状を知る。

あわせて読みたい

  • #脱ステ、反ワクチン…インスタの「医療情報無法地帯化」に警鐘

    #脱ステ、反ワクチン…インスタの「医療情報無法地帯化」に警鐘

    AERA

    4/23

    ネットのニセ健康情報に待った!医師が本名をさらしてSNS発信するワケとは?

    ネットのニセ健康情報に待った!医師が本名をさらしてSNS発信するワケとは?

    dot.

    2/3

  • 高校時代に1千冊を読破 作家を夢見た皮膚科医がコラムニストとしての肩書を持った理由

    高校時代に1千冊を読破 作家を夢見た皮膚科医がコラムニストとしての肩書を持った理由

    AERA

    5/17

    「診察室だけでは患者を救えない」と考えた現役医師がとった解決策とは?
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    「診察室だけでは患者を救えない」と考えた現役医師がとった解決策とは?

    dot.

    9/4

  • 「がん治療」どう選ぶ? 医師は「医療者と一般での意識格差」を懸念

    「がん治療」どう選ぶ? 医師は「医療者と一般での意識格差」を懸念

    AERA

    2/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す