優待は日本独自の制度にあらず 「海外の株主優待」人気企業はココ!

朝日新聞出版の本

2018/08/08 16:00

 本業に関連する優待が大半を占め、目的はあくまで自社の事業を知ってもらうためのPR。クオカードや図書券を配る日本のように、本業とかけ離れた優待は皆無と言っていい。

 ただ、日本とは対照的に、優待を実施する企業は減る一方だ。「優待を配っている余裕があるなら配当に回せ!」という、株主からの圧力が強いからである。

 金券ショップも日本ほど発達しておらず、優待を受けられる投資家が限られていることも理由の一つとしてある。

 こうしたアメリカの株は、店舗をかまえる大手証券会社よりインターネット専業証券がいい。海外の株に力を入れているのはマネックス証券。米国株の取引手数料が、ダントツで安い。

 優待はついていないが、iPhoneでおなじみのアップル社や、Googleを運営するアルファベット社など、日本未上場の超優良株が手軽に買えるのも海外株のおもしろいところだ。(経済ジャーナリスト・大場宏明、伊藤雅浩)

※『AERAwithMoney大人の株主優待ランキング』の記事に加筆・再構成

AERAwithMONEY大人の株主優待ランキング(AERA増刊)

朝日新聞出版

amazon
AERAwithMONEY大人の株主優待ランキング(AERA増刊)
1 2

あわせて読みたい

  • 桐谷広人さん伝授「今だから言える! 株主優待を受けたほうがいい本当の理由」

    桐谷広人さん伝授「今だから言える! 株主優待を受けたほうがいい本当の理由」

    dot.

    1/12

    株主優待「お得な銘柄50」 “優待主婦”、投資の専門家らのおすすめは?

    株主優待「お得な銘柄50」 “優待主婦”、投資の専門家らのおすすめは?

    週刊朝日

    3/23

  • 「株主優待」は金融のプロには大不評? その理由と大量優待品の行方

    「株主優待」は金融のプロには大不評? その理由と大量優待品の行方

    AERA

    7/25

    誰でもできる「株主優待」生活! プロが教える注意点とは?

    誰でもできる「株主優待」生活! プロが教える注意点とは?

    週刊朝日

    5/17

  • 株主優待に企業が膨大なコストをかけるホントの理由

    株主優待に企業が膨大なコストをかけるホントの理由

    AERA

    8/29

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す