是枝裕和監督が海外映画祭をねらう理由とヒットの裏側

2018/05/30 16:00

 日本映画は世界志向へカンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した是枝裕和監督は、デビュー時から世界を視野に入れていた。集大成ともいえる本作は、日本映画の風向きを変えるだろう。

あわせて読みたい

  • 是枝監督、文科相の“祝意”断った理由は「欧州的な価値観を日本に定着させたい」?

    是枝監督、文科相の“祝意”断った理由は「欧州的な価値観を日本に定着させたい」?

    AERA

    7/3

    東浩紀「映画『パラサイト』から日韓の格差社会の違いを考察する」
    筆者の顔写真

    東浩紀

    東浩紀「映画『パラサイト』から日韓の格差社会の違いを考察する」

    AERA

    2/20

  • 細野晴臣による映画『万引き家族』OSTアナログ盤が発売決定

    細野晴臣による映画『万引き家族』OSTアナログ盤が発売決定

    Billboard JAPAN

    7/22

    是枝監督が世界に挑戦 主演のカトリーヌ・ドヌーブも惚れた映画「真実」

    是枝監督が世界に挑戦 主演のカトリーヌ・ドヌーブも惚れた映画「真実」

    週刊朝日

    10/14

  • 独占・是枝監督「人間の毒や業、残酷さ、汚れたところを表現できるのは樹木希林さん」カンヌ最高賞  

    独占・是枝監督「人間の毒や業、残酷さ、汚れたところを表現できるのは樹木希林さん」カンヌ最高賞  

    dot.

    5/21

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す