「オタクコミュニスト」がマンガの快楽と危うさを考えるリテラシー書

読書

2018/05/25 16:00

『オタクコミュニスト超絶マンガ評論』などを出版してきた紙屋高雪さんが4月、新たに『マンガの「超」リアリズム』を上梓した。東京堂書店・竹田学さんは、同著の魅力を次のように寄せる。

あわせて読みたい

  • 若い読者のためのサブカルチャー論講義録

    若い読者のためのサブカルチャー論講義録

    週刊朝日

    8/1

    「リア充オタク」に「エセオタク」! 原田曜平が分析する“オタク”の現在

    「リア充オタク」に「エセオタク」! 原田曜平が分析する“オタク”の現在

    dot.

    10/10

  • 道産子マンガ家なぜ多い?の謎 安彦良和、いがらしゆみこから荒川弘、板垣恵介まで…

    道産子マンガ家なぜ多い?の謎 安彦良和、いがらしゆみこから荒川弘、板垣恵介まで…

    AERA

    7/29

    ネット議論の「カタカナ語」いくつ知ってる?トンポリ、マンスプ…

    ネット議論の「カタカナ語」いくつ知ってる?トンポリ、マンスプ…

    ダイヤモンド・オンライン

    6/8

  • 経営学者・入山章栄による異例のベストセラー『世界標準の経営理論』は『HUNTER×HUNTER』をお手本に書かれた本だった!

    経営学者・入山章栄による異例のベストセラー『世界標準の経営理論』は『HUNTER×HUNTER』をお手本に書かれた本だった!

    dot.

    3/15

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す