公文書改ざんは何が問題なのか? 例えば学校の先生が…

ジュニアエラ

2018/05/05 07:00

 財務省による公文書の改ざん(書き換え)が、大問題になっている。「民主主義の根幹が揺らぐ」とまでいわれるのは、なぜだろう。毎月話題になったニュースを子ども向けにやさしく解説してくれている、小中学生向けの月刊ニュースマガジン『ジュニアエラ』に掲載された、朝日新聞論説委員・内田晃さんの解説を紹介しよう。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す