内田樹「日本の教育は手遅れだが、韓国はまだ…」

eyes 内田樹

内田樹

2017/11/18 07:00

 哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。

あわせて読みたい

  • 内田樹「中国の教育は『科挙』から『双減』へ 人口激減と超高齢化を見越した方針転換か」
    筆者の顔写真

    内田樹

    内田樹「中国の教育は『科挙』から『双減』へ 人口激減と超高齢化を見越した方針転換か」

    AERA

    10/27

    内田樹「多様性と包摂こそが人口減の社会を生き延びるための必須条件だ」」
    筆者の顔写真

    内田樹

    内田樹「多様性と包摂こそが人口減の社会を生き延びるための必須条件だ」」

    AERA

    2/23

  • 日本の大学が掲げる「グローバル化」 その根本的欠陥とは?

    日本の大学が掲げる「グローバル化」 その根本的欠陥とは?

    dot.

    10/5

    内田樹「文科省は大学の手を縛ってはならない」 オンライン・対面授業どうあるべきか

    内田樹「文科省は大学の手を縛ってはならない」 オンライン・対面授業どうあるべきか

    dot.

    5/7

  • 超進学校「開成」「灘」校長に聞く「学歴社会は崩壊したか?」

    超進学校「開成」「灘」校長に聞く「学歴社会は崩壊したか?」

    週刊朝日

    5/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す