「これをやれば取り戻せる」日本人ノーベル賞“ゼロ”対策とは?

2017/10/14 07:00

 ここ数年、ささやかれ続ける「日本は今後、ノーベル賞を取れなくなる」という定説。そうなるだろうと見る人は多いのだが、何か防ぐ手立てはないのか。京都大学大学院総合生存学館教授山口栄一さんに聞いた。

あわせて読みたい

  • 東大、京大だけじゃない 研究者の厚みから見るノーベル賞に手が届く大学

    東大、京大だけじゃない 研究者の厚みから見るノーベル賞に手が届く大学

    AERA

    10/17

    東大36位、京大54位、中国の大学は世界トップ20入り 日中格差のなぜ

    東大36位、京大54位、中国の大学は世界トップ20入り 日中格差のなぜ

    dot.

    7/16

  • 日本の研究は瀕死状態か 前川喜平が「30年先には…」と危惧
    筆者の顔写真

    前川喜平

    日本の研究は瀕死状態か 前川喜平が「30年先には…」と危惧

    週刊朝日

    10/25

    大学院生の研究費は「年間1千万円」 山中伸弥所長が研究の現実語る

    大学院生の研究費は「年間1千万円」 山中伸弥所長が研究の現実語る

    AERA

    10/17

  • 大学教員の世界にも世代間格差が!

    大学教員の世界にも世代間格差が!

    AERA

    12/16

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す