「常に命の危険感じる」世界で最も迫害されている少数民族・ロヒンギャの声

2017/09/06 16:00

 国連で「世界で最も迫害されている少数民族」と報告されたロヒンギャ。群馬県館林市にあるコミュニティーの創設者をタイのミャンマー国境の町に訪ねた。

あわせて読みたい

  • ミャンマー「平和の旗手」四面楚歌 ロヒンギャ迫害でスーチー氏に非難の声

    ミャンマー「平和の旗手」四面楚歌 ロヒンギャ迫害でスーチー氏に非難の声

    AERA

    9/20

    「援助金よりも安全の担保を」ロヒンギャ問題に見る日本の責務

    「援助金よりも安全の担保を」ロヒンギャ問題に見る日本の責務

    AERA

    3/17

  • FBで拡散するロヒンギャへの憎悪 日本との共通点を指摘する声も

    FBで拡散するロヒンギャへの憎悪 日本との共通点を指摘する声も

    AERA

    11/14

    娘を売られても警察に連絡できない…ロヒンギャ難民を襲う人身売買被害

    娘を売られても警察に連絡できない…ロヒンギャ難民を襲う人身売買被害

    AERA

    1/24

  • 怖くても逃げられない…ロヒンギャ難民キャンプでコロナ感染者が出た<下川裕治の旅をせんとや生まれけむ>
    筆者の顔写真

    下川裕治

    怖くても逃げられない…ロヒンギャ難民キャンプでコロナ感染者が出た<下川裕治の旅をせんとや生まれけむ>

    dot.

    6/5

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す