そのパクりはパクられる!? 著作権法上「アウト」なリライトツールの使い方

2017/01/20 07:00

 WELQ騒動では、語尾を一瞬で変えたり、単語ごとに言い換え候補が出てきたりするリライトツールの存在も取り沙汰されたが、リライト行為は、著作権法上どこまで許されるのか。

あわせて読みたい

  • シンディ・ローパーらが公開状、米音楽界で争点の法改定をPR

    シンディ・ローパーらが公開状、米音楽界で争点の法改定をPR

    Billboard JAPAN

    5/30

    「絵本読み聞かせ」動画問題だけじゃない あなたの身の回りにある著作権侵害

    「絵本読み聞かせ」動画問題だけじゃない あなたの身の回りにある著作権侵害

    dot.

    4/19

  • 著作権保護「死後70年」に延長 いつの間にかの法改正が大問題に?

    著作権保護「死後70年」に延長 いつの間にかの法改正が大問題に?

    dot.

    5/27

    あなたの「推し活」、合法ですか? 動画や写真のSNS利用で著作権を侵害しないために

    あなたの「推し活」、合法ですか? 動画や写真のSNS利用で著作権を侵害しないために

    AERA

    2/17

  • ディープフェイク問題の今後 パロディや風刺、二次創作への影響は?

    ディープフェイク問題の今後 パロディや風刺、二次創作への影響は?

    dot.

    10/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す