毒舌の「はに丸」にチャラいロケ…テレビに生まれる新しい息吹 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

毒舌の「はに丸」にチャラいロケ…テレビに生まれる新しい息吹

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA
「世界の4大廃墟」など、未知の世界の紹介も(※イメージ)

「世界の4大廃墟」など、未知の世界の紹介も(※イメージ)

 ネット動画などの普及から、テレビにとって厳しい時代がやってきた。しかしそんななかでも、新しい息吹は生まれつつある。

 そのひとりが「人生のパイセンTV」(フジテレビ)の総合演出マイアミ・ケータ。まだ20代の若者である。どの番組にも似ていないナレーションとテロップが付けられたチャラいロケVTRが新しい。

 同じく20代の北野貴章が手がけるのが「しくじり先生」(テレビ朝日)。毎回1冊の教科書を実際に作る力の入れようで、ゲストが自らの“しくじり”先生となり講義する。

 かつての人気子ども番組「おーい!はに丸」のはに丸を“ジャーナリスト”として起用した「はに丸ジャーナル」(NHK)。可愛い風貌で取材対象者に「どうしてなまけてるの?」などと毒舌を吐く。「BAZOOKA!!!」(BSスカパー!)の自由さは突出している。問題のジャンルが「殺人鬼」「宗教」「裏社会」などという「地下クイズ王」から「おっぱいコレクション」まで際どい企画を連発。おっぱい審査員にまさかの山田孝之が登場した。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい